【日本不動産:民泊】海外在住のままで日本の不動産を購入。⑥ 民泊2号ー特区民泊 大阪府松原市 その2 開設直前

民泊
この記事は約2分で読めます。

ここで書いているのはワシの不動産投資の経験談、個人的な意見であり、不動産投資を勧めるものではありません。不動産投資において「絶対儲かる」という事はありません。不動産の購入は多数の経験者の意見を参考に、正しいデータ、最新の情報を用いて、不動産購入の最終判断は自己責任で行ってください。ワシの考え方、経験が皆さんに何らかのお役に立てれば、と考えます。 また税金、不動産関連の法律は常時変わっています。ワシの記事の発行前後に税金・不動産関連法律が変更されている可能性もありますので、不動産購入前には関連法律の最新状況も是非確認ください。

ここで記載している記事内容は【海外に常時住んでいる家主不在型】の民泊開設についてです。日本に居住していて【自分の家の一部の部屋を貸す】【空いている物件を民泊にする】とは少し内容が違う場合があります。

民泊2号 七転び八起き やっと開設にこぎつけた!

2019年8月に民泊2号を大阪府松原市に購入したが、開設準備中に民泊管理業者が倒産してしまい、一時的に開設が不可能になりかけたが、何とか復活。(<<==ココ)

ここでビックリしたのが、新しく出会った司法書士の先生の開設手続きが、役所に書類提出からわずか7日で完了した事。改めて【仕事のできる人】に出会うと全てのプロセスが違うと実感した。懸念だった駆けつけの件も問題なく処理してくれた。

仕事が遅い人と出会った悲劇編(<<==ココ)

ましてや、近所の開設説明が意外に簡単に終わったという事で、こちらから値切った訳でもないのに、2万円の値引き。。。。この豪州ドル下落のおり、2万円の値引きは大きい。。。。(現在AU$1=61円)

あの聞いたことのある吉村さんから頂いた

めての特区民泊

既に関西 某A市で新法民泊(180日宿泊制限)で民泊を経営しているが特区民泊は初めてなので超ワクワク。

  • 最初の民泊とは違う管理会社に管理を頼むので比較ができる。
  • 特区は最低宿泊日数が決まっているので、外国人宿泊にフォーカスしている。(現状はコロナで低迷していますが)
  • なんと、ゴミが「産業廃棄物」扱いとなるのでゴミ廃棄の専用業者が必要となった。(知らんかった)
  • 初めてのAIRBNB以外での広告。既にBooking.comで開始。これでまた少し違った客層にアピールできる。
  • 365日の通年運用なのでもっと思い切った価格設定が出来そう。
  • 場所は迷路のような所。果たしてうまく運営できるかチョイ不安。

AIRBNB開設まであと数日

またこれからいろいろと運用しつつ、人生勉強をすると思うが、まずはやってみないと始まらない。またいつものように 【甘く見て行動して、痛い目にあって、反省して、取り返す】 手段で行きま す。

タイトルとURLをコピーしました