【電験三種】56歳、3年掛けて電験三種合格 ⑨ 2018年  3回目の試験発表 力無く笑った日

電験三種
この記事は約5分で読めます。

【理論】【機械】合格。合計4科目すべて3年以内に合格

あまりのストレスにジンマシン

試験前の6月頃、最初は足が痒くなってぼりぼりと掻いていたら、今度はお腹周辺まで痒くなってきた。「なんやろなあ? 乾燥肌?」と思い、医者から軟膏を処方してもらっても全く効かない。そのうち首、背中、脇腹まで広がって痒くなり、「もっと強い軟膏」を貰うがあまり効果が無い。ラチがあかないんで皮膚科のSpecialistに行ったら「ああ、これはメルボルンが乾燥してるから」みたいな事言うんで「いや、30年で初めてなんすけど」と言ったら。「体質は急に変わる」みたいな事言われ、それからは緑色の松脂(Pine Ash)を塗ってた。まあ、これは少しは効いた。このジンマシンは結局試験まで続き、試験終わって「あれ?」と気が付いた時には、いつの間にか治っていた。後で「ストレスが強いとジンマシンになる」という事を聞き、あれは「試験前のプレッシャーやったんや」と納得した。ストレスからジンマシンなんて今までなった事もなかった。人生トップ3に入るストレスやったんやろか?やはり56歳での電験三種受験は精神的に随分無理があった。

やっと大臣から頂戴しました
きのこさんによるイラストACからのイラスト 

勉強中、時々「今度落ちたらどうなるんやろ?」と思ったりしたが、4年めに突入なんて考えたくもない。出来るだけ「落ちる」という事は意識しないように、また落ちた時の事を考えるのはやめた。そうやってストレスを閉じ込めていたんで逆に体に痒みとなって表れた。

とにかく汗をかく【1000本ノックの日々】

2017年 2回目の試験で猛省した【難しい問題から逃げる癖】をなんとかするにはとにかく汗をかくしかない。つまり一問一問丁寧に式を解き、電卓を叩く。そうすると、やはり【分かっていなかった自分】がいた。【公式は書けるけど計算ができない】。以前は公式を覚えるまでで満足してたが、いざ公式を使って計算しようと全くできない。やっぱり【うわべだけの勉強】やった。3年目は死ぬほど電卓を叩いた。叩いて叩いて叩きまくった。そしたらあの難問中の難問 LCR並列・直列に掛かっていた霧が少しづつ晴れてきた。

人間やれば出来るんや。。。。

3年めは2科目なので656時間 3年間での勉強合計時間は2,567時間費やした

そんなこんなで3年目656時間の勉強時間。3年間の累計2,567時間。ついに勝負の時がやってきた。この日のための冬のメルボルンからの来日なんでインフルエンザの予防接種まで受け、万全の体調で臨んだ3回目。試験会場の徒歩圏にホテルを取り、前日の下見も済ませてある。

理論の問題が難しく血の気が引いて、最初の5分は腕が痺れた(ホンマです)

1時限目は理論。開始して【一挙に血の気が引くのが分かった】。通常ワシは以下の方法で試験と戦っている。

  • まず全問に目を通す。
  • 一問目から始め、自分の回答の出来具合でO △ Xを付ける。自信がある場合はO。
  • 1回全部回答したらもう一度 戻って△ Xを考え直す。
  • 時間のある限り出来る限り△ X問題を〇に持っていく。
  • 試験完了まで何度も見直す

しかし、2018年の理論では【クリッパー】が出た。あれは過去10年以上出ていない問題。これは大ショック。「10年以上も出ていない問題も出てる・・・」「うげげげげげっげ」 目を通しているうちに【右腕が痺れてきた】。さっきまで万全だった体調なのにマジで息苦しく、脂汗まで出てきた。

ゆきのしたさんによるイラストACからのイラスト 

「あかん。。。。」

理論は予想問題が大幅に外れ、あれだけやりこんだLCR直列・並列が全く出ていない。「やばい、やば過ぎる」本当に焦った。ワシの今までの3年間はなんやったのか? 問題解きながら後悔を始めていた。しかし。。。。

雲から太陽が。。。

なんか分からんけど途中から【集中力】が出てきて徐々に【後悔心】が消えていった。もうクヨクヨしてる時間はなかった。思いっきり集中。そして最後の見直し。試験終了間際1,2分前で2問【答えを変えた】。。。。

これが大正解やった。。。。。。。

そして休む間もなく午後の機械。これは山が当たり、終了時間5分前には見直しも完璧に完了していた。何百(千?万?)回も電卓叩いた甲斐があった。

2018年  3回目の試験結果 力無く笑った日

2017年では試験終了後、自分にご褒美という事でマッサージまでしてリラックスして試験の速報を待ったが、元を担いで3回目は「じっと」PCの前でおとなしく待った。何度も何度もGoogleで[電験三種 速報】と打ち、ヒットするのをじっと待った。

そしてやっと速報が現れ、答え合わせ開始。ゆっくりゆっくり答えを確認する。

「理論:65点」「機械:80点」

力が抜けた。。。フツーは「おおおおお!」と腕を突き上げる所かもしれんが【嬉しいというよりほっとした】。もうこれで勉強しなくてええんや、朝5:00に起きなくてええんや、と。

NORIMAさんによるイラストACからのイラスト 

まとめ

  • 【難しい問題から逃げない】。「多分この問題は出ない」と根拠のない理屈は付けない。 (そう思いたくもなりますが)
  • もしかしたら人間誰でも「時間を掛ければ何でも成し遂げるかもしれない」と思うようになった。
  • 最後の見直しで正解になったのは3年間の努力のお陰かもしれんし、2017年に頂けなかった神様からの贈り物かもしれない。
  • 合格した時は「嬉しいというよりほっとした」。女房も同じく「ほっとした」と言っていた。3年間女房にも気を使わせて申し訳なかった。
  • 今は【10年後にメルボルンの街でバスキング】出来るようにサックスを購入した。まだ時間があるのでダラダラしていますが時間さえ掛ければワシでも演奏できると信じてる。。。。
  • 朝の来ない夜は無い。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました